3次元計測で点検・設計をデジタル化

バラつきのない寸法測定 / 現地の再計測不要 / 高所も正確に測定 / シミュレーションまで可能

Railway-Eyeは、3Dレーザースキャナによって取得した点群データを基に、鉄道設備の3Dモデリング、測定、シミュレーションを行うことができます。
現地の点群データと3Dモデルを活用した設計・点検のデジタル化により、大幅に業務の効率化を実現することができます。

Railway-Eye機能紹介

従来のGalaxy-Eye™に搭載されている汎用的な寸法計測やモデリング機能を鉄道向けに特化させることで効率的に機能拡張を実現!!

推奨動作環境/仕様

オリジナルファイル GLW, GLP
点群データファイル PTX, FLS/FWS, ZFS, E57, LAS, DP, PTS, TXT, PLY, OBJ
形状ファイル STL, PLY, OBJ, VRML
3D-CADファイル(※1) IGES, STEP, ACIS(.sat, .sab), CATIA V4/V5, Parasolid, NX
位置合わせ用ファイル DXF(2Dラインデータ)
各種定義ファイル TXT 他

※1 オプションとなります。

オリジナルファイル GLW, GLP
3D-CADファイル DXF, IGES, IFC, ACIS(.sat, .sab)(※2)
形状ファイル STL
EYECAD@用出力ファイル XML
構造解析用ファイル NAS
各種定義ファイル TXT
画像ファイル PNG, BMP
動画ファイル AVI
点群データファイル PTX, PTS, E57, LAS, DP, TXT, PLY .OBJ
積算情報ファイル CSV
足場数量ファイル CSV

※2 オプションとなります。

CPU Core i5,Core i7,Core i9,Xeon (4コア以上)
メモリ 16GB 以上
ストレージ 256GB 以上(SSDを推奨)
グラフィックボード OpenGL 4.5対応 以上(メモリ 2.0GB 以上を推奨)
OS Windows 10 Pro (64bit)

Railway-Eyeをもっと知る

\お客様の課題に親身に寄り添って解決のお手伝いをいたします/