「プラスチック成形加工学会 第29回秋季大会 設計加工シンポジア’21」のご案内

この度、株式会社富士テクニカルリサーチ(FTR)は、
11月30日(火)~12月1日(水)オンラインにて開催される「プラスチック成形加工学会 第29回秋季大会 設計加工シンポジア'21」に出展いたします。
本展示では、光ファイバセンシングシステム『FBI-Gauge』を使用した、「2軸押出機スクリュの温度分布及び歪分布の解析装置」のモデル機を展示いたします。

光ファイバセンシングシステム『FBI-Gauge』


FBI-Gaugeは光ファイバをセンサとして用いるセンシングシステムです。このセンシング技術の代表的な特徴として、以下の点が挙げられます。
・光ファイバは直径155μmと非常に細く、高いレイアウト性を持っています。(小さな部品も測定可能)
・センサ部分全域(最大50m)に渡り、非常に細かい分解能(最小0.65mmピッチ)で、温度又は歪みの計測が可能です。
・最大毎秒250回のサンプリングレートによる計測が可能です。

今回はこうした特徴を活かして2軸混練機のスクリュシャフトに光ファイバを施工し、シャフトへトルク入力したときの計測を行いました。シャフトに小さな溝加工を2箇所施し、一方で温度もう一方で歪みが計測できるように、その溝内に光ファイバを接着剤で埋めて施工しています。その後スクリュエレメントを挿入し、部分的にスクリュを固定する、ヒータ加熱を行うなど、いくつかの条件でシャフトの温度・歪み分布を計測しています。こうした条件の違いと、シャフトの温度・歪み分布との相関を得る基礎試験を行うことにより、将来、混練性の評価やモニタリングによる運転条件の最適制御などへ活用していきたいと考えています。

出展詳細

日時 11月30日〜12月1日
9:30~16:00
弊社ブース番号

E04 (株式会社プラスチック工学研究所様のブースでの展示となります)

展示会ホームページ

https://confit.atlas.jp/guide/event/seikeikakousympo2021/top

お問い合わせ

みなとみらい本社

展示会担当:椿
〒220-6215
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番5号
クイーンズタワーC 15階 株式会社富士テクニカルリサーチ 展示会担当
TEL : 045-650-6650(代表) / FAX : 045-650-6653