FTRに入社される前には何をされていましかた?

 電子部品のコイルの設計や製造、販売などもしていました。省電力型のコイルが多く、中には特殊なものもありまして、機械で巻くものもあれば手でないと巻けないものもあったりしてハーネス部品に近いコイルと言いますか無線回路に使う電波を発信するためのコイルなど、いろいろありました。職種でいえば今と同じエンジニア職にはなると思いますが、分野は全然違います。しかし、前職の知識が活かされる場面は多々あるなと感じます。


FTRに転職された理由は?

 私の場合はコイルの会社に入社したのですが、入社してすぐに某大手の国内総合電機メーカーさんに出向して携帯電話機の設計を長らく続けていました。なので、実はその電機メーカーさんが携帯電話機の開発から撤退されるタイミングでようやく籍のある会社に戻ったのですが、やはりその大きい会社での仕事というものは割と潤沢な資金と贅沢な設備で設計をさせてもらって、携帯電話であるという電子の世界では最先端技術に携わることができていた訳です。本来は出向から本社に戻ってくる事自体は良い事なのだと思うのですが当時の電子業界の流れとしては景気が大きく下向きに傾いていたため、会社の雰囲気も含めて先の不安感は強くなってしまっていました。そこから数年ほどで自分よりも若い人達がみんな辞めていってしまい、いつのまにかその会社の中の最年少が僕になっていて・・・。

そこで、仕事をしながら転職活動をしていたのですが、遅い時間の面接でも臨機応変に対応してくれたのがFTRでした。面接時の社長を含めた役員の方々の対応に信用が置けましたし、自分に興味を持ってくださって色々と深く質問していただいた事を覚えています。その姿勢を拝見して、ここなら大丈夫だと思い入社を決めました。


今は何を担当されていますか?

 現在は計測コンサルティング室で計測業務をしています。光ファイバーを活用した計測装置で温度やひずみを測っているのですが、最先端の技術なのでより適切な方法で測れるようにノウハウを活かしつつ、既存の計測では難しいようなものも計測します。決して安くはない金額ですが、従来のものでは測れないようなものがFTRでは測れるので、とても驚かれることが多いです。温度一つとっても、物の温度を測っているのか、空間の温度を測っているのか、計測の仕方で値は変わってきます。本当に測定したい現象をとらえられているのか、そのあたりを最良の提案を行いながらコンサルティングすることが醍醐味ですし、なかなか難しいものの計測が成功したときの達成感は大きいです。


転職してみて他の会社とどのような違いを感じていますか?

私の場合は新卒で入社してすぐ出向していたのが先の大手電機メーカーだったので、プロセスがいろいろと全て実にきっちりしているところからのスタートでした。その分だけやはり自由が利きにくいっていう点は当然ありました。そこと比較するとFTRはまず意見はとても言いやすい環境ですし、入社1年目から社長室に呼ばれるような会社ですので、まぁ、大きい会社ではさすがにそのような場面は無いですよね(笑)。

 もちろんその意見が採用されるかどうかは技術的な判断であったりお客様の事情によったりと様々なのですが、入社1年目から社長が意見を聞いてくれるというチャンスが十分にある会社だなと思います。


役員との距離感が近い?

 役員との距離がすごく近いのがFTRの魅力の1つだと思います。業務上でも話をする場面はすごく多いですし、入社してすぐにでも話せる環境にはあるので、そういった風通しの良さというのは貴重だと思いますし、結構稀な環境なのだろうなと思います。

あと、かなり現場の状況を気にかけてくれている事を感じます。私が実際に以前担当したケースでは、実はお客様にとってもFTRにとっても初めてのなかなか難航が予想される案件があったのですが、当然ながらリスクもあるなかでチャレンジしていく訳です。その際も、常務が一緒にお客様のところに打ち合わせに同行してくれたり、プロジェクトが始まっても随時に相談に乗ってもらったりもしていて、常に一緒に取り組んでくれている感じがしていました。結果的に苦労して何カ月もかけて成立させた案件だったのですが、終盤で実は大トラブルなんかも発生したのですが、その際には徹夜で一緒にデータ処理してくれたりもしました(笑)。


それはある意味“やり甲斐”にも通じますね。

そういう距離の近さや姿勢はとても心強いですし一体感みたいなものは強く感じます。何人かで出張で計測に行って業務終了後にはみんなで飲みに行ったりとか、だいたいでもそういうのを連れてってもらうと美味しいものをご馳走してくれます(笑)。FTRの役員陣はみんな太っ腹です(笑)。

同じゴールを目指していることもあって上手くいったらみんなで分かち合って打ち上げしてとか、うまくいかない場合はどうカバーするかとか、追加で計測するなり対策立ててというか、そういう日々です。

あとは、計測してみてビックリするような結果が出ることがありまして、そういう結果が出たときは嬉しいです。お客様が事前に想像されていたものと違う結果が出て、それが理由で新たな発見があったりするのですが、初めてご依頼いただくお客様から「もう1回別のことで測ってみたい」などと再依頼をいただけるようなケースは役に立てている証拠でもあるので特に嬉しいです。


先端技術を扱うFTRならでは?

 あと特に面白いことは、世に出る前の新しいものを見られるという事です。私はやはり新しい技術は大好きなので、その事自体がモチベーションにつながっています。例えば最近では最先端のビニールハウスでの植物栽培に関する設備であったり、他にも今話題の新エネルギー関連の設備に触れることがあったり、とにかく普通では触れることのないものに触れられるので、とても刺激になりますね。社外秘なのでこれ以上詳しくは言えませんが、現場では日々新しいものが見られます。多くの一般の人達がしばらくしてニュースなどで目にするようなものです(笑)。


“新しい”が故に難しいことも?

 まず、光ファイバーセンシングという計測機器自体が計測の世界では新しいですし、光ファイバーセンシングを用いるという計測の仕方も新しいですし、計測したい対象物自体も新しい訳です。例えばその光ファイバーで計測する事も一例なのですが、まだ規格化されていない新しい技術なんかは普通無理だろうと思われてしまいます。それに、計測としては案件ごとに“これが正解”っていうのがあらかじめ決まっている訳ではないので、案件ごとに最適な方法を模索して提案しながら行なっていくのですが、それをやってみせてしまうのがFTRの技術力なのだろうなと思います。


1つのプロジェクトは大体どのくらいの期間ですか?

 長い案件は半年かけての計測もあれば、計測は1日でまとめて報告書納品までが数日程度で終わるような案件もあればとまちまちですが、平均すると計測作業を開始してから結論が出るまでに1週間前後を要する案件が多いかとは思います。ただ、引合から受託して、計測方法について定義しきるまでの事前検討期間が相応にかかったりもするので、プロジェクトが完結するまでは相応な時間を要します。


転職して良かったですか?

良かったですよ。私にとっては間違いなく良かったです(笑)。いろいろ話しましたが、あとは前職よりお給料もいいです(笑)。まぁでも、何よりも転職して全く別業界でも技術者でいられているという点が最も良かったと思います。新しいことにチャレンジする会社なので日々9割は新しい事に直面するのですが、基本的な考え方や理屈を理解していないとクリアしていけないので、そういう事が身についていっている事がエンジニアとして成長していることを感じます。また、私の入社した当時の2014年頃と比べて現在の計測室には幅広い年齢層の経験豊富な先輩も多くいるので、色々と教えてもらっていました。また同時に若い後輩も増えたので、私が先輩たちにしてもらったように、話しやすい空気づくりを心掛けながら業務にあたっています。


他の人にもFTRはお勧めですか?

何とも言えないです(笑)。というのは、必ずではありませんが多くの場合は元がエンジニアという人が多いから、それぞれ専門分野に対する想いを持っていると思うのです。私の場合は以前取り扱っていたコイルという専門分野とは異なる全く別の事をやっていますが、そういう今の環境が楽しめているからこそ転職して良かったと言えるのだろうと思います。FTRの場合は新卒か中途かということも全く何の影響も無いですし、志向が合えばと言うか、それまでの経験以外の新技術にも取り組みたいという強い興味や気持ちがあるようでしたら是非お勧めします。