先輩インタビュー K.Hさん 1枚目

積極的に若手に任せるという方針

 私が就活をする上で重要視していたことは、会社規模でした。大企業で働くよりベンチャー企業で働く方が若手でも思い切った発言をしても意見を聞いてもらえそうだと思い、そのほうが魅力的だと感じていました。

FTRの会社案内で『経営陣との距離が近い・平均年齢が若い』と載っていたのを見たとき、“これだ!”と思い応募しました。実際入社してみて、想像以上に経営陣との距離が近く話す機会がとても多いと感じ驚きました。

また、入社後に分かったことですが、若手でも積極的に業務を任せていく方針なので、私に合っていると思いました。


先輩インタビュー K.Hさん 2枚目

3年目で新プロジェクトを担当

 初めて新規のプロジェクトを任されたのは、3年目のときです。ある製品の導入を検討していて、その製品調査から導入までを任されました。ほぼ情報がない状況でしたが、製品の特徴や3次元へのデータ落とし込みまで、漠然としているところから1つずつ調べていきました。

 社長を含む上層部の期待もあり、成果報告をする機会が多くありました。最終的にその製品は導入に至りませんでしたが、このプロジェクトを経験したことで業務に対する姿勢や考え方が大きく成長しました。

 現在は多くの案件を任されるようになっただけでなく、上司や社長に様々な場面で意見を求められ、私の意見が判断材料となることも増えました。責任も増えましたが、やりがいを感じております。


先輩インタビュー K.Hさん 3枚目

開発は難しいけど楽しい

 私は“Galaxy-Eye”の開発責任者をしています。新機能の開発やソフトウェアのバージョンアップ、また、お客様のニーズに合わせて機能の追加をし、提供することなど、その業務は多岐にわたります。

開発の目的は、『お客様の要望を実現させること』です。しかし、お客様に言われたことをそのまま作るのではなく、その先にある真の要望を理解する必要があります。

目標を決めたら、それを実現させるための開発プロセスを考え、1つずつクリアしていきます。難しいことは多々ありますが、だからこそ達成できたときの喜びは大きいものがあります。何よりも自分で考えたことを実現させられることにやりがいを感じています。


先輩インタビュー K.Hさん 4枚目

会社の保養所で定期的に交流会を

 部下には、「困ったときは躊躇せずとりあえず相談してみて」と常に伝えています。しかし、上司に相談するだけでも緊張してしまう社員はいると思います。

 積極的に相談してもらうためには部下との距離感を縮めることが重要だと思います。慣れないうちは、こちらから進捗を聞きに行くなど、まずは「普通に話せる」存在になるように努めております。

 また業務外でも距離感を縮める努力をしています。その中の1つに、保養所での交流があります。会社の保養所は社員なら誰でも使えるので、部署内の交流会を目的として利用してみました。初めは何人集まるか不安もありましたが、部署内のほぼ全員が参加してくれましたし、後輩も率先して幹事を引き受けてくれました。開発のメンバーはボードゲームなど共通の趣味があったこともあり、予想以上に好評でした。今では後輩が企画してくれるようになり、このようなイベントが時々開催されるのですが、もしかしたら仕事上でのコミュニケーションが取りやすくなった要因の1つかもしれません。


先輩インタビュー K.Hさん 5枚目

若手にも多くのチャンスがある会社

 私自身もそうでしたが、FTRは若手にもチャンスがある会社だと思います。

つい最近も2年目の社員に新プロジェクトを任せる場面がありました。新プロジェクトはベテランに任せ、新人・若手は既存のプロジェクトのメンバーに参加させて経験を積ませる、という会社が一般的ですが…。

FTRでは新たに1からスタートするような場面では思い切って若手にチャンスを与えることが多く見られます。自分で責任を持って業務を達成していくことで、より仕事の楽しさを知ることにもつながりますし、自信にもつながっていっていると思います。自分で何かをしたい・作ってみたいという方には是非お勧めです。